筋トレ女子必見!筋トレ後のクールダウンが大事なワケ【トレーナーが教える!】

LOVE
こんな人が記事を書いてます
Getfitトレーナー南
Getfitパートナートレーナー
18歳の時からトレーナーとして活動。自身の身体も鍛え上げ、多数ボディメイクコンテストで上位受賞。常に最先端の情報をインプットし、分かりやすく読者に届けていくことが目標。

暑い夏を乗り越えて、この秋から運動を再開される方も、また運動を始められる方も多くなってくることでしょう。

ですが、急に運動を始めることで起こる、筋肉の故障や怪我。これは運動後の“クールダウン不足”が関係しているかもしれません。

クールダウンとは


その名の通り、「冷やす」「落ち着かせる」などの意味があります。

運動後の筋肉は、筋肉が疲労して硬くこわばった状態になっています。

そのままにしておくと乳酸が溜まり、筋肉が短縮・硬縮する恐れがあるため、その防止と同時に疲労の回復を図ることが重要なのです。

スポーツの世界では、実力を十分に発揮できるようウォーミングアップを欠かしません。

同時に、運動後は疲労した筋肉をしっかりと休ませ、疲労を取り除くことで次のパフォーマンスにも大きく影響してくることでしょう。

そのときの、運動後の整理運動をクールダウンと言います。

クールダウンは、マッサージ等で血流を促し、運動後の硬くなっている筋肉をほぐすことで、元の筋肉の状態へ戻し、蓄積された乳酸や疲労物質を流してあげることが目的とされています。

また、整理運動だけではなく、疲労回復のために必要な栄養を補給するときにも使われるため、運動後、身体へ配慮しケアすることを総称して、クールダウンと言います。

クールダウンの目的と効果

なぜクールダウンをするの?

クールダウンをする一番の目的は、「激しく動かしていた運動後の筋肉を、徐々に元の状態へ戻すことで、なるべく負荷を与えないようにする」ということです。

トレーニング後、激しい運動を急にやめてしまうと、筋肉だけではなく心臓や肺に大きな負担をかけてしまいます。

それを防ぐためにも、運動後は心拍数を整えて身体の中に溜まった、乳酸や疲労物質を外へ流してあげることが大切なのです。

本当に効果があるの?

運動を継続するには疲労を溜め込まないことが一番大切です。

そういった意味で、クールダウンは、疲労回復に非常に効果的であると言えます。

運動後の興奮状態にある硬くなった筋肉を緩め、元の柔らかな状態へ戻し回復させ、運動によって傷ついた筋肉の修復を図ることができるのです。

また、筋肉だけではなく、激しい運動は体内の血液の巡りも悪くさせてしまいます。

筋肉と心臓は連動しており、血液を身体の中へ巡らせています。

そのため、激しい運動を急に中止してしまうと、上手く内蔵へ血液を送ることが出来づらくなり、めまいや体調不良を引き起こす原因となってしまう可能性があります。

こういった体の不調を取り除くために、運動後はクールダウンをしっかり取り入れ、無理なく体の負担を軽減していきましょう。
 
ここでクールダウンのメリットをまとめてみました。

クールダウンのメリット

・疲労物質の排出
・硬くなった筋肉の緩和
・怪我予防
・体内へ十分な血液と酸素を提供
・心拍・呼吸・血圧のなだらかな低下
 
運動する上でとても大切なメリットがこれだけあるクールダウン。

是非、手を抜かずしっかり行うようにしてみてくださいね。

筋肉痛予防にならない!?クールダウンのホント

よく耳にするのが、「筋肉痛にならないように、しっかりクールダウンをすること!」といった言葉を聞いたことはありませんか?

しかし、クールダウンによって筋肉痛にならないといった証明は発表されていません。

これまでは、乳酸が溜まることで筋肉痛が起こる原因と考えられてきましたが、乳酸は時間と共に無くなってしまうため、現在はこれを否定する意見が多く挙げられています。

クールダウンが、筋肉痛の有無に関係しているかは、さておき…血液の巡りや怪我予防など健康的に運動をする上で重要なメリットがこんなにたくさんあることは、クールダウンを侮ってはいけませんね。

クールダウンにはどんな方法があるの?


ここまで、クールダウンの重要性について解説していましたが、クールダウンにはどのような方法があるのかを紹介していきます。

ジョギング

これまでの激しい運動から徐々に勢いを抑えるため、ウォーキングやジョギングでゆっくりと心拍数を下げていきます。

これは、心拍数を通常時に戻すことで蓄積された疲労物質を排出させる効果が期待できます。

ウォーキング

ゆっくりと呼吸を整えながら歩いてみましょう。脳に十分な血液と酸素を取り込むことができます。

ストレッチ

無理に筋肉を伸ばすのではなく、反動を付けずにゆっくりと伸ばしていくのがポイントです。使った筋肉が伸びているのを感じながら、心地いい程度の力で硬くなった筋肉をほぐしていきましょう。

身体の中からもクールダウンしよう!

運動をすると、エネルギー源となる“糖”が不足してしまいます。

ですので、運動後は「スポーツドリンク」や「チョコレート」などの糖分を摂取することが大切です。

また、ご飯などの炭水化物や水分が多く含まれる果物も栄養補給に効果的ですので、運動後はそれらを積極的に摂取するようにしましょう。

クールダウン忘れずに


ウォーミングアップの重要性は広く認識されていても、運動後のクールダウンは疎かにされがちです。

これから運動をする人には、大切な基礎として身に付けていただき、これまで運動をしてきた人には、更に健康的に継続できるよう、正しい方法で、ウォーミングアップだけでなくクールダウンも徹底して行っていって欲しいと思います。

 

パーソナルジムでダイエットに挑戦してみませんか?
多くの人がGetfit経由でパーソナルジムに挑戦し、理想の身体を手に入れています!
地域からGetfitおすすめのパーソナルジムを探す
都道府県からパーソナルジムを探す
関東東京都神奈川県埼玉県千葉県栃木県群馬県茨城県
北海道・東北北海道青森県秋田県宮城県岩手県福島県山形県
東海愛知県静岡県岐阜県三重県
北陸・甲信越山梨県長野県新潟福井県石川県富山県
関西京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県滋賀県
四国香川県愛媛県高知県徳島県
中国広島県岡山県山口県
九州・沖縄福岡県熊本県長崎県宮崎県大分県佐賀県鹿児島県沖縄県

 

人気のエリアからパーソナルジムを探す
北海道・東北の主要エリア
北海道札幌駅すすきの駅円山公園駅

 

関東の主要エリア
関東横浜駅みなとみらい駅川崎駅武蔵小杉駅武蔵溝ノ口駅藤沢駅本厚木駅柏駅浦和駅大宮駅所沢駅宇都宮駅水戸駅つくば駅高崎駅

 

東京23区エリア
東京23区葛飾区江戸川区板橋区練馬区足立区豊島区北区荒川区中野区杉並区大田区世田谷区渋谷区品川区目黒区台東区墨田区江東区新宿区文京区中央区千代田区港区

 

東京の主要エリア
東京都心エリア新宿駅表参道駅赤坂駅赤坂見附駅六本木駅麻布十番駅広尾駅恵比寿駅中目黒駅代官山駅渋谷駅三軒茶屋駅原宿駅代々木上原駅神楽坂駅銀座駅大手町駅新橋駅田町駅品川駅
東京都心エリア2学芸大学駅自由が丘駅二子玉川駅上野駅北千住駅大塚駅赤羽駅早稲田駅吉祥寺駅立川駅町田駅練馬駅

 

東海・関西・九州の主要エリア
東海名古屋駅栄駅周辺
関西梅田駅心斎橋駅本町駅なんば周辺本町駅・堺筋本町駅神戸市
九州天神駅

 

パーソナルジムの特徴別でジムを探す人はこちらから
口コミ・ランキング別パーソナルジム特集
パーソナルジムの口コミ・評判
パーソナルジムランキング(おすすめ・人気)
価格別パーソナルジム特集
高級パーソナルジム
低価格パーソナルジム(安い順)
女性向けパーソナルジム特集
女性向けパーソナルジム
女性向けダイエットジム

 

ジム探しに困ったらジム探しのプロ、お客様サポートへの相談がオススメ!
相談はこちらから

 

人気パーソナルジム体験談調査

 

パーソナルジムを探している人から人気の記事
この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • パーソナルトレーニング知識

    現役パーソナルトレーナーが考える、ボディメイクに必要な食事管理とは!?

    2019.03.11

    • パーソナルトレーニング知識

    女性でも簡単!現役トレーナーが教える自重トレーニングとは?

    2018.10.03

    • パーソナルトレーニング知識

    原因と対策を解説!パーソナルジムに通って痩せない人の傾向は?

    2019.01.25

パーソナルジム特集