【一目でわかる】ライザップ中で食べられるもの食べられないものを徹底解説!

「RIZAP(ライザップ)に入会したいが、制限される食事を知りたい」
「ライザップで行われている食事制限のレベルに合わせてダイエットしたい」
「闇雲に食事量を減らして、常に空腹感と戦っていて辛い」

こんな事を思っている方は意外といるのではないのでしょうか..!?

厳しい食事制限で知られるライザップですが、実は意外と食べられるものが多いのです!
この記事ではライザップ式の糖質制限に関して、食べられるもの食べられないものを食材ベースで解説していきます。
ライザップの食事制限は食事の量を減らすのではなく、「糖質」をコントロールし、バランスよく食べることをコンセプトとしています。
そのため食材によっては沢山食べでも大丈夫なものもあるので、この記事を読めばライザップに通っている間の食事イメージを大きく付けることができます!
実際にライザップで、糖質制限をし10kg以上の大幅ダイエットに成功したGetfit編集部の経験も踏まえ、食事内容を解説するので最後までご覧ください!

Getfit限定!GetfitからRIZAPに入会で85,000円のお祝い金がもらえる!

Getfitの問い合わせフォームから無料カウンセリングを受け、RIZAPに新規入会したお客様が対象です。
RIZAPの全額返金保証制度を利用した方はお祝い金の適用対象外となります。

RIZAP既存会員からの紹介を利用した場合は、お祝い金は適用されません。また、他のサイトやクレジットカード特典によるキャンペーンの併用は不可能となっております。
Getfit以外の媒体及びジムのホームページ、電話にて先にお申込みをしていた場合はお祝い金対象となりませんのでご注意ください。

こんな人が記事を書いてます
Getfit編集部
Getfit編集部 細川
女性の美容と健康を支えるために、ダイエットやジムについて日々研究中。
ジムに足を運び、直接取材インタビューをしています!
ダイエットインストラクターの資格取得に向けて勉強中

ダイエットにおける食事管理の重要性は?

そもそもダイエットにおいてなぜ食事が重要なのでしょうか?
ライザップが糖質制限にこだわる理由を説明する前に、その背景を簡単に解説します!

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

突然ですが、皆さんはどうしたらダイエットが成功すると思いますか?

ダイエットのメカニズム

そもそも体重減少に必要なことは、「消費カロリー>摂取カロリー」にすることです。
消費カロリーを摂取カロリーより多くするには、①運動量を増やす②食事量を減らすのどちらか、または双方を行う必要があります。
ダイエットにおいて、「②食事量を減らす」だけを行なってしまうと、筋肉も同時に失われ、基礎代謝が低くなるので消費カロリーが落ちてしまい、リバウンドしやすくまたその後の体重が落としにくい身体になってしまいます。
なのでダイエットの際は「消費カロリー>摂取カロリー」となるように適切な食事と運動を行うことが大切です。

ダイエットの際の食事の注意点

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

実はダイエットでは運動よりも食事を見直す方が重要であることをご存知ですか!?

「摂取カロリーを上回るほど運動をしなくてはいけないのか!」と思った方もいるかと思いますが、実はダイエットは「食事8割、運動2割」と言われるほど食事の管理が重要です。
ここで重要なのは、食事量を単純に減らすというのではなく、栄養素の観点で考えることです。
食べ物には、P(タンパク質)F(脂質)C(炭水化物)と呼ばれる3大栄養素があり、このPFCバランスを意識した食事をすることで、効率良く体重を減らし、リバウンドしづらい身体を作ることができます。
「糖質制限」や「ケトジェニック」という言葉をよく聞く方もいるかと思いますが、これらはこのPFCの考え方から基づいています。

RIZAP(ライザップ)の食事指導はどんなことをする?

RIZAP(ライザップ)食事指導のポイント

ライザップの食事指導は「糖質制限」を中心に行ないます。
先ほどのPFCで言うところの「C=炭水化物」にあたりますね。
ではなぜこの糖質を制限するのでしょうか?

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

その理由を説明します。

糖質は人間が活動する上で欠かせないエネルギー源で、主にご飯やパン、麺類に多くの糖質が含まれています。
通常糖質を摂ると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され細胞に糖が取り込まれ、エネルギーになります。
しかし、過剰な糖質摂取をすると使いきれなかった糖が中性脂肪に変わり、体内に蓄積されるので、食べる量を落としでも痩せない原因となります。
効率的に痩せるにはこの糖質を控えることで、インスリンの分泌量を抑える必要があり、インスリンを抑えることで、身体に糖が不足した際に貯蓄されていた脂質が燃焼されエネルギーとなり、結果的に効率よく痩せることが出来ます。

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

ライザップではこうした「糖質制限」「筋力トレーニング」を通じて、痩せやすく太りにくい身体を作ることを目指していきます。

RIZAP(ライザップ)の食事指導のやり方

ライザップではまず、摂るべきカロリーとその栄養素の目標摂取目安量を、体重や基礎代謝、身体活動レベルなどから算出した数値に合わせて食事の管理をします。
1日で摂取する糖質の量を、50g120gで選択することができ、目標とする身体からどちらが適しているか選択できます。
食事管理では、専用管理アプリの「RIZAPtouch2.0」というものを使用し、毎日3食分の食事を記録することで、次の日に入力内容をもとにトレーナーからのアドバイスが貰えます。

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

下記は実際にGetfit編集部員がライザップに通い、食事内容についてやりとりしていた時の写真です!

食品を入力するとPFCの量が表示されるので、ひと目で食事のバランスが分かり、管理がとても楽にでき、アドバイスは毎日行ってくれるので、プログラムを通じて食事の知識がかなりつきます。
また、外出先で食べる物に迷った際にもライザップでは栄養サポートセンターという、栄養士と栄養管理士が電話もしくはメールでサポートしてくれる体制も整っているので安心です。

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

一人では継続が難しい食事管理ですが、ライザップではこのようにサポート体制が整っているので継続的に食事管理ができます。下記の記事では、実際にGetfit編集部員がライザップで減量した時の様子をまとめているものです!併せてご覧ください!

あわせて読みたい【ライザップ痩せる?】コロナ太りから2ヶ月で−◯kg!RIZAPで結果にコミット! Getfit編集部による、パーソナルジム体験談第2談! 今回はGetfit編集部の私が、コロナ太りで絶賛だるま体型中!の身体を
Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

でもPFCと言われても、実際に食べられるものとダメなものって中々見分けつかないですよね!

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

そのような方向けに、ライザップ中に食べられるもの食べられないものをまとめました!!

RIZAP(ライザップ)のボディメイク中に食べられるもの

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

まずは糖質50gコースの方でも食べられる食品の紹介です!

糖質50gコースで食べられるもの

肉類

肉類で食べられるもの

・鳥もも肉、鳥むね肉、鳥ささ身
・豚ロース肉、豚肩ロース肉、豚ヒレ肉
・牛ヒレ肉、牛サーロイン肉、牛レバー
・鳥ひき肉、豚ひき肉、牛ひき肉
・ロースハム、ウインナーソーセージ

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
鳥もも肉(200g) 254kcl 0g 38.0g 10.0g
鳥むね肉(200g) 232kcl 0.2g 46.6g 3.8g
鳥ささ身(50g) 53kcl 0g 11.5g 0.4g
豚ロース肉(100g) 264kcl 0.4g 19.2g 19.2g
豚肩ロース肉(120g) 304kcl 0.1g 20.5g 23.0g
豚ヒレ肉(80g) 104kcl 0.2g 17.8g 3.0g
牛ヒレ肉(85g) 113kcl 0.3g 17.4g 4.1g
牛サーロイン肉(150g) 447kcl 0.6g 26.1g 35.6g
牛レバー(40g) 53kcl 1.5g 7.8g 1.5g
鳥ひき肉(50g) 93kcl 0g 8.8g 6.0g
豚ひき肉(50g) 118kcl 0.1g 8.9g 8.6g
牛ひき肉(50g) 136kcl 0.2g 8.6g 10.6g
ロースハム 1枚(20g) 39kcl 0.3g 3.3g 2.8g
ウインナーソーセージ1本(20g) 64kcl 0.6g 2.6g 5.7g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

お肉は実は低糖質高タンパク質の優良なダイエット食材です!食べ応えもあり満腹感も生まれやすいので、糖質制限中には重宝する食材です!

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

ハム、ソーセージ、ベーコンなど加工食品には塩分や食品添加物が多く含まれる傾向にあるため、常食は避けましょう。牛肉や豚肉がおすすめです!

魚介類

魚介類で食べられるもの

・きはだマグロ、カツオ、まだい、さけ、ぶり
・さば、ほっけ、アジ、サンマ、イワシ、タラ
・するめいか、甘えび、あさり、ほたて貝、しらす
・はんぺん、蒸しかまぼこ

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
きはだマグロ(100g) 106kcal 0g 23.4g 0.4g
カツオ(100g) 114kcal 0.1g 25.9g 0.5g
まだい(100g) 142kcal 0.1g 20.6g 5.8g
さけ(80g) 110kcal 0.1g 18g 3.6g
ぶり(100g) 257kcal 0.3g 21.4g 17.6g
さば(80g) 233kcal 0.1g 21g 15.3g
ほっけ(180g) 317kcal 0.2g 37.1g 16.9g
アジ(60g) 76kcal 0.1g 11.8g 2.7g
サンマ(100g) 297kcal 0.1g 17.6g 23.6g
イワシ(45g) 76kcal 0.1g 8.6g 4.1g
タラ(90g) 69kcal 0.1g 15.8g 0.2g
するめいか(280g) 232kcal 0.3g 50.1g 2.2g
甘えび(10g) 9kcal 0g 2g 0g
あさり(5g) 2kcal 0g 0.3g 0g
ほたて貝(110g) 79kcal 1.7g 14.9g 1g
しらす(15g) 17kcal 0g 3.5g 0.2g
はんぺん(100g) 94kcal 11.4g 9.9g 1g
蒸しかまぼこ(200g) 190kcal 19.4g 24g 1.8g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

魚はシンプルな味つけができる上、良質な脂質であるEPAやDHAといった成分が豊富に含まれているので積極的に食べましょう!ただ、かまぼこやちくわ、はんぺんなどの練り物系の食品にはでんぷんに糖質が多く含まれるので、食べ過ぎには注意が必要です!

大豆・豆類・卵・乳製品

豆・豆類・卵・乳製品で食べられるもの

・納豆、枝豆
・豆腐、卵豆腐、厚揚げ
・卵、うずら卵
・プロセスチーズ、カッテージチーズ、クリームチーズ、生クリーム 乳脂肪、ヨーグルト(無糖)、おから

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
納豆1パック(50g) 100kcal 0.2g 8.3g 5g
枝豆(25g) 34kcal 1.1g 2.9g 1.5g
豆腐(300g) 216kcal 3.6g 19.8g 12.6g
卵豆腐(120g) 95kcal 2.4g 7.7g 6g
厚揚げ(130g) 195kcal 0.3g 13.9g 14.7g
卵1個(50g) 76kcal 0.2g 6.2g 5.2g
うずら卵1個(15g) 27kcal 0g 1.9g 2.9g
プロセスチーズ(25g) 85kcal 0.3g 5.7g 6.5g
カッテージチーズ(10g) 11kcal 0.2g 1.3g 0.5g
クリームチーズ(20g) 69kcal 0.5g 1.6g 6.6g
生クリーム 乳脂肪(5g) 22kcal 0.2g 0.1g 2.3g
ヨーグルト(無糖)(50g) 31kcal 2.5g 1.8g 1.5g
おから(10g) 42kcal 0.8g 2.3g 1.4g

野菜

野菜で食べられるもの

・ブロッコリー、アスパラガス、オクラ、きゅうり、ピーマン、なす
・ほうれん草、小松菜、キャベツ、白菜、レタス
・ブロッコリースプラウト、豆苗、クレソン

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
ブロッコリー(15g) 4kcal 0.2g 0.5g 0.1g
アスパラガス(10g) 2kcal 0.2g 0.3g 0g
オクラ(10g) 3kcal 0.2g 0.2g 0g
きゅうり(100g) 14kcal 1.8g 1g 0.2g
ピーマン(30g) 6kcal 1g 0.2g 0g
なす(90g) 20kcal 2.6g 1g 0.1g
ほうれん草(45g) 9kcal 0.1g 1g 0.2g
小松菜(50g) 7kcal 0.3g 0.8g 0.1g
キャベツ(80g) 18kcal 2.5g 1g 0.2g
白菜(100g) 14kcal 1.9g 0.8g 0.1g
レタス(30g) 4kcal 0.5g 0.2g 0g
ブロッコリースプラウト(50g) 10kcal 0.4g 0.9g 0.3g
豆苗(100g) 27kcal 0.7g 3.8g 0.4g
クレソン(5g) 1kcal 0.1g 0g 1g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

緑色の野菜は低糖質で食物繊維が多く含まれる上、主食に代わるボリュームを出してくれます!

きのこ・海藻・こんにゃく

きのこ・海藻・こんにゃくで食べられるもの

・生しいたけ、エリンギ、まいたけ、えのきたけ、なめこ、ぶなしめじ、ほんしめじ、マッシュルーム
・わかめ、もずく、キクラゲ、焼き海苔、とろろ昆布、塩昆布
・板こんにゃく、しらたき、ところてん

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
生しいたけ(20g) 4kcal 0.3g 0.5g 0.1g
エリンギ(30g) 6kcal 0.5g 0.5g 0.1g
まいたけ(100g) 15kcal 0.9g 2g 0.5g
えのきたけ(100g) 22kcal 3.7g 2.7g 0.2g
なめこ(100g) 15kcal 1.9g 1.7g 0.2g
ぶなしめじ(100g) 18kcal 1.3g 2.7g 0.6g
ほんしめじ(100g) 12kcal 0.9g 2.5g 0.4g
マッシュルーム(10g) 1kcal 0g 0.3g 0g
わかめ(30g) 5kcal 0.5g 0.6g 0.1g
もずく(50g) 2kcal 0g 0.1g 0.1g
キクラゲ(1g) 2kcal 0.1g 0.1g 0.5g
焼き海苔(2g) 4kcal 0.2g 0.8g 0.1g
とろろ昆布(10g) 12kcal 2.2g 0.7g 0.1g
塩昆布(5g) 6kcal 1.2g 0.8g 0g
板こんにゃく(100g) 7kcal 0.3g 0.1g 0.1g
しらたき(45g) 3kcal 0.1g 0.1g 0g
ところてん(150g) 3kcal 0g 0.1g 0g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

海藻であっても昆布やのりの佃煮は、糖質が多いので避けるのが無難です。加工されていないものを選びましょう

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

きのこは年中価格が安定しているのが魅力ですよね!海藻類には腸内環境を向上させる水溶性食物繊維が豊富に入っているのでオススメです!

油、ナッツ、果物

油、ナッツ、果物で食べられるもの

・亜麻仁油、えごま油
・オリーブオイル、キャノーラ油、ごま油
・MCTオイル、ココナッツオイル
・無塩バター、有塩バター
・アーモンド、カシューナッツ、くるみ
・アボカド

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
亜麻仁油(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
えごま油(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
オリーブオイル(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
キャノーラ油(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
ごま油(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
MCTオイル(大さじ1) 108kcal 0g 0g 12g
ココナッツオイル(大さじ1) 111kcal 0g 0g 12g
無塩バター(大さじ1) 92kcal 0g 0.1g 10g
有塩バター(大さじ1) 89kcal 0g 0.1g 9.7g
アーモンド(10g) 59kcal 1.1g 2g 5.2g
カシューナッツ(10g) 58kcal 2g 2g 4.8g
くるみ(10g) 67kcal 0.4g 1.5g 6.9g
アボカド(70g) 131kcal 0.6g 1.8g 13.1g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

油には以下の3種類があるので、覚えておきましょう!

オメガ3脂肪酸(亜麻仁油、えごま油など):血中の中性脂肪を下げる働きがあります。
オメガ9脂肪酸(オリーブオイル、キャノーラ油、ごま油):加熱に強く、常用しやすい油。ホルモンの材料になります。
中鎖脂肪酸(MCTオイル、ココナッツオイル):体脂肪になりにくく、すぐエネルギーになりやすい油です。

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

現代人の多くは油に含まれるオメガ6脂肪酸を必要量の5倍摂取していると言われています。オメガ6脂肪酸を多く含まれるサラダ油やとうもろこし油、大豆油などの常用は避けましょう。減量中は中鎖脂肪酸タイプの油をお勧めします!

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

ライザップでのボディメイク中は、糖質を制限するためエネルギー不足に陥りがちです。なので脂質を摂ることにって代わりのエネルギーを体に入れる必要があります。ボディメイク中には肉の脂質を摂取する機会が多いので、オリーブオイルやナッツ、魚類などの違う種類の脂質を摂ることで健康的に減量ができます!

調味料、飲み物

調味料、飲み物で摂取していいもの

・天然塩、穀物酢、味噌、豆板醤、醤油、ポン酢、甘味料(シュガーカット)
・中華だし、コンソメの素、カレー粉
・マヨネーズ、ケチャップ、おろし生姜、おろしニンニク
・糖質ゼロ料理酒、めんつゆ、ウスターソース、オイスターソース
・水、お茶、無調整豆乳、炭酸水、コーヒー

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
天然塩(小さじ1) 0kcal 0g 0g 0g
穀物酢(大さじ1) 4kcal 0.4g 0g 0g
味噌(大さじ1) 35kcal 3g 2.3g 1.1g
豆板醤(小さじ1) 5kcal 0.3g 0.2g 0.2g
醤油(大さじ1) 13kcal 1.8g 1.4g 0g
ポン酢(大さじ1) 8kcal 1.5g 0.5g 0g
甘味料(シュガーカット)(大さじ1) 0kcal 0g 0g 0g
中華だし(小さじ1) 11kcal 1.8g 0.6g 0.1g
コンソメの素(小さじ1) 12kcal 2.1g 0.4g 0.2g
カレー粉(小さじ1) 8kcal 0.6g 0.3g 0.2g
マヨネーズ(大さじ1) 80kcal 0.2g 0.3g 8.7g
ケチャップ(大さじ1) 10kcal 2g 0.3g 0g
おろし生姜(小さじ1) 3kcal 0.5g 0g 0g
おろしニンニク(小さじ1) 10kcal 2.2g 0.3g 0g
糖質ゼロ料理酒(大さじ1) 12kcal 0g 0.1g 0g
めんつゆ(大さじ1) 7kcal 1.3g 0.3g 0g
ウスターソース(小さじ1) 7kcal 1.6g 0.1g 0g
オイスターソース(小さじ1) 9kcal 1.5g 0.6g 0g
水(200ml) 0kcal 0g 0g 0g
お茶(200ml) 4kcal 0.4g 0.4g 0g
無調整豆乳(200ml) 92kcal 5.8g 7.2g 4g
炭酸水(200ml) 0kcal 0g 0g 0g
コーヒー(200ml) 4kcal 0.6g 0.2g 0g
Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

お肉や魚など食事に満足感を感じられる食材も糖質が低いので、目標カロリーに気をつければ沢山食べても大丈夫そうですね!

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

では、糖質120gコースの方が食べられる食材を紹介していきます。

糖質120gコースの方が食べられるもの

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

糖質120gコースでは、50gコースには入っていない玄米やそば、じゃがいもやバナナといった食材を食べれることが特徴です。

炭水化物

炭水化物で食べられるもの

・玄米、押し麦、キヌア、十割蕎麦、オートミール、緑豆はるさめ

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
玄米(150g) 248kcal 51.3g 4.2g 1.5g
押し麦(10g) 34kcal 6.8g 0.6g 0.1g
キヌア(12g) 44kcal 6.8g 0g 0g
十割蕎麦(70g) 241kcal 44.1g 9.8g 1.6g
オートミール(20g) 76kcal 11.9g 2.7g 1.1g
緑豆はるさめ(10g) 36kcal 8.4g 0g 0.4g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

白米やうどん、中華麺や食パンなどは、糖質の吸収度を示すGI値が高いので、なるべく避けたほうが無難です。

根菜類、暖色系野菜

根菜類、暖色系野菜で食べられるもの

・にんじん、ごぼう、れんこん、かぶ、玉ねぎ
・とうもろこし、パプリカ、トマト、西洋カボチャ
・ながいも、さといも、じゃがいも、さつまいも

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
にんじん(150g) 54kcal 9.5g 1.2g 0.2g
ごぼう(150g) 98kcal 14.5g 2.7g 0.2g
れんこん(100g) 66kcal 13.5g 1.9g 0.1g
かぶ(75g) 16kcal 2.6g 0.4g 0g
玉ねぎ(45g) 17kcal 3.3g 0.5g 0g
とうもろこし(100g) 92kcal 13.6g 3.6g 1.7g
パプリカ(75g) 23kcal 4.2g 0.8g 0.2g
トマト(120g) 23kcal 4.4g 0.8g 0.1g
西洋カボチャ(30g) 28kcal 5.2g 0.5g 0.1g
ながいも3cm(50g) 33kcal 6.5g 1.1g 0.2g
さといも(65g) 38kcal 7g 1g 0.1g
じゃがいも(100g) 76kcal 16.3g 1.6g 0.1g
さつまいも(120g) 161kcal 35.7g 1.4g 0.2g

果物

果物で食べられるもの

・バナナ、りんご、キウイ、ぶどう、ブルーベリー、イチゴ
・みかん、桃、なし、さくらんぼ、メロン、マンゴー

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
バナナ(72g) 62kcal 15.4g 0.8g 0.1g
りんご(250g) 143kcal 36.3g 0.3g 0.5g
キウイ(100g) 53kcal 11g 1g 0.1g
ぶどう(170g) 100kcal 25.8g 0.7g 0.2g
ブルーベリー(50g) 25kcal 4.8g 0.3g 0.1g
イチゴ(45g) 15kcal 3.2g 0.4g 0g
みかん(56g) 25kcal 6.2g 0.4g 0.1g
桃(127.5g) 51kcal 11.3g 0.8g 0.1g
なし(212.5g) 91kcal 22.1g 0.6g 0.2g
さくらんぼ(25g) 15kcal 3.5g 0.3g 0.1g
メロン(37.5g) 16kcal 3.7g 0.4g 0g
マンゴー(97,5g) 62kcal 15.2g 0.6g 0.1g
Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

50gコースの方に比べて、食べ物の幅が広がりました!!

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

そうですね!120gコースは糖質のコントロール緩やかな分食べれる食材が増えています。ただポイントとして、太りやすい夕食での主食を控え、昼食や朝食で主食の摂取をすることが重要です!

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

下の写真は実際に、Getfit編集部員がライザップのボディメイク中に、上記の食べられるもの中から食べていたご飯です!詳細が気になる方はぜひこちらの記事もご覧ください!


あわせて読みたい【ライザップ痩せる?】コロナ太りから2ヶ月で−◯kg!RIZAPで結果にコミット! Getfit編集部による、パーソナルジム体験談第2談! 今回はGetfit編集部の私が、コロナ太りで絶賛だるま体型中!の身体を

RIZAP(ライザップ)の店舗情報

RIZAP(ライザップ)のボディメイク中に食べられないもの

Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

以下の食品はライザップ中には食べられないもの避けたほうが良い食べ物なので摂取する際には注意しましょう!

穀物類

糖質を多く含む穀物類は注意が必要です。

穀物類で食べられないもの

・白米、うどん、そば(10割以外)、中華麺、パン)

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
白米(150g) 252kcal 55.2g 3.8g 0.5g
うどん(230g) 242kcal 47.9g 6g 0.9g
そば(260g) 296kcal 20.6g 4.8g 1.8g
中華麺(茹で後230g) 343kcal 64.2g 11.3g 1.4g
食パン(6枚切り1枚) “158”kcal 26.6g 5.6g 2.6g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

主に主食と呼ばれる食品になりますが、麺類や白米は高糖質なため避けましょう。

芋類

芋類で食べれないもの

・じゃがいも、さつまいも

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
じゃがいも(100g) 76kcal 16.3g 1.6g 0.1g
さつまいも(35.7) 161kcal 35.7g 1.4g 0.2g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

120gコースでは食べられる食品に入ってはいましたが、芋類は糖質が高いので気をつけるべき食品です。

お菓子類

お菓子類で食べられないもの

・ポテトチップス、チョコレート、クッキー、ケーキ

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
ポテトチップス1袋 332kcal 52.5g 5.8g 21.1g
チョコレート1枚(50g) 279kcal 27.9g 3.5g 17.1g
クッキー1枚(11g) 48kcal 5.7g 0.5g 2.4g
ショートケーキ1切れ(118g) 366kcal 29g 4.6.g 25.3g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

お菓子類の主な原料は、小麦や砂糖、油脂など糖質が多く原料中にNGな食材が多く含まれています。糖質と油を同時に摂ることで、より脂肪がつきやすくなってしまうので、お菓子類は避けましょう

果物類

果物類で食べられないもの

・りんご、バナナ、ぶどう

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
りんご1個(250g) 143kcal 35.3g 0.3g 0.5g
バナナ1本(72g) 62kcal 15.4g 0.8g 0.1g
ぶどう1房(170g) 100kcal 25.8g 0.7g 0.2g
Getfit専属管理栄養士森永
Getfit専属管理栄養士森永

上記の食品も120gコースの食べて良いものの中に入っていましたが、過剰摂取には注意が必要です。果物には糖質が多く含まれており、特に上の3つの果物には糖質が多く含まれているので、気をつけましょう。

アルコール

酒類で飲んではいけないもの

・ビール、日本酒、白ワイン、梅酒

  カロリー 糖質 タンパク質 脂質
ビール(350ml) 142kcal 11g 1.1g 0g
日本酒(180ml) 196kcal 8.9g 0.7g 0g
白ワイン(80ml) 58kcal 1.6g 0g 0g
梅酒(100ml) “162”kcal 21.6g 0.1g 21.6g
ウイスキー(30ml) 69kcal 0g 0g 0g
焼酎(200ml) 412kcal 0g 0g 0g
Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

やはり結果にコミットするためには、我慢するべきところは我慢が必要ですね!

あわせて読みたい【必見!】ライザップごはんの内容は!?RIZAPごはんを取り入れて賢く痩せよう!! ライザップごはんってみなさん知っていますか?? ライザップから公式に発売されたレシピ本なんです! 徹底した低糖質高タ

まとめ

ライザップの糖質制限は厳しいという声をよく聞きますが、実際は食べれる食材も沢山あります!
また適切な運動と糖質制限を乗り越えれば、自身の理想の身体を手に入れることが出来ます。
ライザップでは毎日相談できるトレーナーと栄養管理士のサポート体制が整っているので、個人で行う食事管理より楽で効果的に結果にコミットすることができます!
ライザップでダイエットを成功させましょう!

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

ここまで読んで頂き、ライザップへ興味を持った方へお得に入会できる方法を紹介します!
Getfitを経由してライザップへカウンセリングへ申し込み入会・入金された方全員にお祝い金を贈呈しています!

ライザップ(RIZAP)のお祝い金

RIZAP(ライザップ)の店舗情報

Getfitパートナートレーナー金本
Getfitパートナートレーナー金本

Getfit以外から申し込みをしてしまった場合は対象外なのでご注意ください

あわせて読みたい【2022年11月】ライザップに安く入会できるキャンペーン・割引まとめ ライザップは業界の中でも値段が高いことでも有名ですが、キャンペーンを利用することで8.5万円も安く入会できる方法があることをご存じで

これを見たらライザップに行きたくなる!?

キャンペーン:2022年3月最新!RIZAP(ライザップ)に一番安く入会できるキャンペーンまとめ
口コミ:RIZAP(ライザップ)の口コミと評判は!?業界No1だからこそオススメできる理由は?
価格:RIZAPの価格は本当に高いのか!?ライザップの料金やサービス内容から徹底分析!
失敗談:RIZAP(ライザップ)で失敗する人はどんな人?実際失敗経験のある方の口コミやブログ内容を一挙大公開!
ブログまとめ:【RIZAP入会前に必ず見て】ライザップ体験の21ブログをまとめてみた
トレーニング内容:RIZAPのトレーニング内容は?ライザップのスパルタトレーニングを徹底調査!
食事内容:【必見!】ライザップごはんの内容は!?RIZAPごはんを取り入れて賢く痩せよう!!
腹筋ベルト:【腹筋】ライザップ腹筋ベルトで腹筋は割れるのか!?ライザップの腹筋トレーニング法であなたも腹筋を手に入れよう!
ストレッチ方法:ライザップの痩せる理由とはシンプルなものだった!!RIZAP流の痩せる方法とストレッチ法でかっこいい体を手に入れよう!
無料カウンセリング:ライザップの無料カウンセリングを解説!勧誘は?お得に入会する方法はある?
リバウンド:RIZAP(ライザップ)のリバウンド率は?失敗しないための方法を徹底解説!
ビフォーアフター:ライザップのビフォーアフターは嘘ではない!超減量に成功した芸能人・一般人まとめ

247workoutと迷っている人はこちらのまとめをどうぞ!
人気の247workoutブログ16選! 247ワークアウトの価格はなぜ安いのか? 247workoutのトレーニングの全て! 247workoutのダイエット方法はこれ! 247ワークアウトを女性におすすめする理由 24/7Workout(24/7ワークアウト)は本当にオススメ?口コミと評判を紹介【男女38名の声】

この記事を書いた人

Getfit編集部 細川

女性の美容と健康を支えるために、ダイエットやジムについて日々研究中。 ジムに出向き、直接取材インタビューをしています! 【趣味】バスケット、お酒(糖質OFF推奨!)、ショッピング